なつののブログ

30代からのゆっくり生活実践記

Month: 2021年7月

【エッセイ】境目の夏

夏が好きだ。 たぶん研究室時代に、楽しいイベントがたくさんあって、そこから夏が好きになっていった。 それまでの夏と言えば、実家の農家の手伝いか、短期バイトの記憶しかなく、それほど好きになれなかった。 特に高校生の時には、 […]

【エッセイ】「孤独」の変化

ただ生活している。 今は、そのように感じる。 個人の仕事こそしているが、会社にはまだ出られるような状態でなく休養しているし、ひとり暮らしになったからという事もあって、決まった時間に何かするという感覚が薄い。 個人で稼いで […]

【エッセイ】「ゆっくりする」とは

休養期間が続いている。 病院にはこまめに通っており、プライベートの事も含めて相談しているし、薬もきちんと飲んでいるのだが、自分で思っていたよりも重症だったようである。 「もう少しゆっくりして下さい」 復帰についての話もし […]

【エッセイ】大切な家族とのお別れ

お別れするとは、やはり辛いことだ。 ずっとそこに居ると思っていたのに、ずっと話せたり、触れ合えると思っていたのに、そうならなかった。 自分はあくまでも自分なのだけれど、自分を構成している一部分は、関わりのある何かなのだ。 […]

【エッセイ】「とどまる」という選択肢

「その場にとどまる」という選択肢を、僕は自ら放棄していたように思う。 僕は、元々の性格で、何かをするためには、何か行動が必要だと思って、すぐに行動する癖がある。 この特性は、一概に悪いというつもりもない。 それは、自分の […]

【ショートエッセイ】まだ霧の中にいる

なんだか深い霧の中にいるように感じる。 少し日が差しているかに見える方へ進んで行っても、ずんずんと霧をかき分けているだけで、自分のいた場所さえもうわからないような状態になる。 戻りたくても、戻れない。 進んだら良いのかさ […]

【エッセイ】見直した自分の「春夏秋冬」

今は「冬」だった。 パートナーが離れて行って、もう1ヶ月が経過した。 別れて間もない時に比べれば、だいぶ気持ちは楽になったけれど、条件とか時間によると、ひどく落ちる時がまだある。 しかし、時間薬が効いているのだろう。 次 […]